5つのこだわり

こだわり1「品種〜世界でここだけ!」 こだわり2「餌〜ひと手間かけた おいしい餌」 こだわり3「水〜細胞の隅々に行きわたる水」
     
こだわり4「環境〜牧場の環境を美しく保つ」 こだわり5「豚肉加工〜兄弟の力を合わせた商品作り」  みんなの愛情を
 いっぱいそそいで
 育てている
 純粋サドルバック
 幸福豚への
 こだわりです。

こだわり1「品種〜日本でここだけ!」

サドルバック種という豚の品種を平成18年から導入し、
おいしい豚肉作りに取り組んでいます。

幸福豚、純粋サドルバックは
ふくどめ小牧場でしか味わう事ができません。

こだわり2「餌〜ひと手間かけた おいしい餌」

豚肉の品質・味は餌によって大きく影響を受けます。

そこで、ふくどめ小牧場ではトウモロコシをメインに、
海藻粉末などを自家配合したオリジナルの餌を与えています。

さらにサドルバック種には「はんを煮て飼う」方法で、
餌を与えています。

こだわり3「水〜細胞の隅々に行きわたる水」

平成17年に水質改善のために地下水を再度掘り上げ、
地下約80mに、良質な水の層にたどりつきました。

検査した結果、人間の飲料水としても適している水でした。

このキレイで新鮮な水を、
豚が飲みたい時に飲めるだけ与えています。

人間の70%は水でできていると言われ、
体内に入れる水が、体の細胞の隅々に行きわたるため、
水の質も健康状態に影響するとも言われています。
豚も同じで、飲み水が良いほど、健康な状態を保てると思います。

こだわり4「環境〜牧場の環境を美しく保つ」

鹿児島県の養豚部門で環境美化のコンクールにて優秀賞を頂きました

豚舎と言えば、汚い・くさいというイメージが付いています。

ふくどめ小牧場では、悪臭対策として
少しでも周りに迷惑をかけないため、
餌に土着菌を混ぜることで、においの軽減・肉質の向上に努めています。

また、牧場の周りに松などの木を植えて、汚いというイメージの改善に取り組んでいます。

この牧場の環境を美しく保つというこだわりは、社長の「食べ物は目で食べる」という教えからのものです。

こだわり5「豚肉加工〜兄弟の力を合わせた商品作り」

ドイツ国家資格
「マイスター」

弟の洋一が、ソーセージの本場ドイツで7年間修業をしたのち、ドイツの国家試験である食肉マイスターを取得しました。

お客様の食卓に「幸せ」をお届けするため、私が育てた最高の豚(純粋サドルバック・幸福豚)と、弟・洋一の最高の加工技術のコラボで、おいしいソーセージを作ります。