ドイツ修行時代のアルバム

タイトル1






1年間の語学勉強後、修業先を見つけるのに苦労しました。
修行をお願いしては断られる・・・といった日々でした。

そんな最中Herrmannsdorferと出会い ました。

この会社では、ハム・ソーセージはもちろん、
チーズ、パン、ビールまでこだわり、生産から製造・販売まで行っています。

ここで修業したい!と決心し、何度も足を運んだ結果、
修業先として認めてもらうことが出来ました。
本当に嬉しかったです。

そこで、親方マイスター・ユルゲンに、本場ドイツの味を
基本から丁寧に、手取り足取り、教えていただきました。

修行中は、辛く、厳しい時や
極寒の中、朝の4時から夜遅くまでといった時もありましたが、
多くの仲間との出会いと、美味しいものとの出会い、
そして何よりも、兄が育てた幸福豚で
ハムやソーセージといった加工品を作り販売するという
家族みんなの夢を叶えるため、
自分がマイスターの資格を取得して帰ると信じて
待っていてくれた家族がいてくれたおかげて頑張りぬく事ができました。

そして修行して5年後、マイスター免許取得の条件がそろい、
国家試験に挑戦し、無事取得することが出来ました。

本当に、今、振り返ればあっという間の7年間でした。

 

 

日本に帰ってきて、2012年3月のことでした。

豚に真珠館に、ふくどめ小牧場の販売スペースがオープンする ことになり、
その際、修行時代の仲間たちが応援に駆けつけてくれました。

自分はなんて幸せなんだろうかと、改めて実感しました。

オープン時のイベントを手伝ってもらったり、
兄と自分がお世話になった和光保育園で本場の味をふるまったり・・・。
気の合う仲間と、お客様、そして家族みんなが一緒になり、
盛り上がり、心から笑顔になれた時間だったと思います。

この心から笑顔になれた時間を忘れず
ともに修行を頑張りぬいた仲間に、
恥ずかしくない商品作りをしていけるよう頑張っていきますので、
温かく見守って頂けましたら幸いです。

マイスター 福留洋一